貴方はバイエルン風、ミラノ風?それとも北京風?

生活を充実させるためには自宅のインテリア・エクステリアをお洒落にしなければそれを実現することは出来ません。さて、となるとインテリアやエクステリアをどのように工夫すればよいのでしょうか。手当り次第オシャレでナウいアイテムを集めて飾ったところで雑多な雰囲気にしかなりません。

僕なら迷わずバイエルン風を取り入れるだろう。バイエルンと言えばシュバイネハクセ、言うまでもないですよね…。おや?もしかしてシュバイネハクセを知らないのかな?もしそうだとしたらそれは大変だ。でも安心して欲しい。シュバイネハクセを知らない貴方もこのコラムを呼んで収穫を得ることになります。シュバイネハクセ程美味しい料理はこの世の中にそうはないのです。では簡単にシュバイネハクセについて教えてあげましょう。シュバイネハクセとは、ドイツ料理の1つで、ローストした豚のすね肉のことです。特にバイエルン州で好まれて食べられていて、皮がパリパリになるまで焼いて、マスタードやホースラディッシュ添えて食べます。ジューシーでとっても美味しい、嗚呼思い出したらシュバイネハクセが食べたく鳴ってヨダレが出てきちゃった、ジュルジュルジュル。

広告

庭や玄関、寝室等にバリバリになるまでローストした豚すね肉をぶら下げておけば、たちまちバイエルン風のインテリア・エクステリアを実現できます。さらに、ヴァイスヴルストと呼ばれる白いソーセージも一緒にぶら下げておけば、生粋のドイツ人も納得してくれること間違いない。

ヴァイスヴルスト

僕はバイエルン風をおすすめしたが、実はミラノ風も大好きだ。ミラノと言えばミラノ風カツレツ。骨付きの仔牛ロース肉を薄くたたいてパン粉をつけて揚げたものだ。バターで風味を出したりパルミジャーノ・レッジャーノをかければより本格的なミラノ風カツレツになる。ミラノ風カツレツをバルコニーの手すりにのせたり、テレビ台や化粧台の脇にさりげなく置いておけばあら不思議、ミラノ風漂う生活空間のできあがり。どんな野暮ったい部屋でも洗練されたオシャレ空間になっちゃいますよ!

パルミジャーノ ・ レッジャーノ

日本人は西洋の文化が何よりも優れていると考えがちだ。そんな諸君には北京風をおすすめしたい。北京といえば北京ダック。北京ダックについては説明するまでもないでしょう。北京ダックは置いても吊るしても最高のパフォーマンスを発揮してくれます。私は以前、西洋の文化以外一切認めないと言う頑固なBBA(58歳 独身)の家に遊びに言った際に、BBAに無断でミラノ風カツレツを撤去して北京ダッグにすり替えたことがある。それ以来BBAは北京風の魅力に取りつかれていて、毎日のように遊びにこないかとFAXが送りつけられてきて困ったことがあります。用紙がすぐに無くなるから二度と送ってくるなと返信したら、佐川急便のトラックいっぱいの用紙を送りつけてきてまじでビビった。

北京ダック

さあ、貴方はバイエルン風かミラノ風か、それとも北京風?
時々イメージチェンジするのもありですよ。

広告