悪い人のせいで僕らはお金を負担させられている

この世から悪い人が消えて欲しいと常々思っている。

この世の中から悪い人がいなければどんなに素晴らしい世の中になるだろうか。皆さんはそう考えたことはありませんか。

何故私がそんなことを思っているのかと言うと、悪い人のせいで私達は様々な出費を強いられていることをご存知ですか。

・鍵
・金庫
・パスワード管理
・違法コピー防止
・監視カメラ
・防犯グッズ
・盗難防止装置
・ウィルス対策ソフト

まだまだたくさんありますが、これらの悪い人に対する対策にはコストがかかっています。ネットバンキングやネット証券なども、不正な利用防止するためのシステムに莫大な費用を費やしています。これらの費用は間接的に消費者が負担しているのです。

広告

キャッシュカードの偽造や盗難、振り込め詐欺(オレオレ詐欺)のせいで振込限度額が設定されて不便な思いをしたこともあると思います。悪い人のせいで様々な制約があるのは嫌ですね。警察官だって悪い人がいなければ10分の1程度の人員でも良いと思います。そうなれば人件費が削減されるのでその分の税金を他に回せます。

それどころか、世界規模の話になると国の防衛システムも不要になるので、戦闘機や潜水艦、空母や戦艦などの必要性も無くなります。その分を社会保障にあてれば老後の心配は激減すること間違いなしですね。

ところが悪い人がいなくなることは無いでしょう。本当に困りました。

そうなったら考え方を変えてみれば良いのです。悪い人がいるから需要がうまれるので、それに携わるビジネスをやればよいのです。悪い人が増えれば儲かるビジネスに携われば、世の中から悪い人が増えてほしいと思えるようになるかもしれません。

広告